復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

次の100年を創業の地で迎えるために、閖上の復興にも力を尽くす

また、創業100年を迎え、次の100年に向けて、より精緻なブランド化も検討しています。その第一弾として取り組んでいるのがパッケージデザイン。それまでの素朴なものから、伝統は感じさせつつも、洗練された上品なイメージに変更したのです。今年のお中元商戦から、新たなパッケージに徐々に切り替えて行きます。

「メーカーはたくさんあるので、“ウチはこういうカラー”と決めないと他社に埋没してしまいます。そうならないために、きちんとターゲットを決め、その人達に届けようと思ってデザインを変えました。ターゲットにしているのは健康に気を遣い、趣味にもアクティブでバイタリティのある50代の女性。良いものをきちんと評価してくださる方々だと思うので、そういう方に認めてもらって、指名買いをしてもらえるようになりたいです」

  • 旧パッケージ

    ▲ 旧パッケージ

  • 新たにデザインしたパッケージ

    ▲ 新たにデザインしたパッケージ

新たな100年の伝統を作り始めている佐々直。今後は会社の復興だけでなく、創業の地である閖上地区の復興や、街づくりにも貢献したいと市哉さんは語ります。

「閖上は会社の創業の地であり、自分が生まれ育った土地でもあります。笹蒲鉾を作っているメーカーも多いので、自分にとっては“蒲鉾の街”。やはり、いつかは閖上に帰りたいし、観光資源の多い閖上自体を発展させたいと思っています」

その第一歩として、津波でも生き残った桜の苗木を育て、閖上地区の貞山堀に100本の桜を植える「復興桜プロジェクト」にも積極的に関わっています。自分達のルーツを大事にするその姿勢があるからこそ、佐々直は100年の長きにわたって愛され続け、これからも愛されていくのでしょう。

株式会社 佐々直〒981-1103 宮城県仙台市太白区中田町字清水15-1
自社製品:笹蒲鉾、揚げ蒲鉾、手のひら蒲鉾 ほか WEBサイトはこちら

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
TOP